できるだけ荷物を減らす

matomeru引越しをする際、引越し料金に大きな影響を与えるのが運ぶ荷物の量になります。
これは、荷物の量は手配するトラックの大きさや作業員の人数に直結するためです。
つまり荷物を事前に減らしておくことで、引越し料金の節約が期待できます。

まず、大きな家具、家電などを引越し先でも使用するかどうかを決めましょう。
特に冷蔵庫や洗濯機などの大型家電、タンスやベッドなどの家具は1つ減るだけでかなり金額に影響が出ます。
もし、引越し先で新しいものを購入する予定がある場合は、購入したものを事前に引越し先に運んでおいてもらい、古いものは処分してから新居に入りましょう。

ダンボールに入るような本、DVD、小物類などは、かなり大規模に減らすのでなければ、見積もりには大きな差はでないため、優先順位は低くなります。

基本的に不要品の処分をするにはお金がかかります。
もし売ることができるものがあった場合は、不用品買取で買取をしてもらいましょう。

できないものは自治体の回収や、クリーンセンターへの持込になります。
また、引越し直前まで使用したい家電などは、引越し業者に処分してもらうこともできます。
しかし、おそらく引越し業者での処分が一番高額となるので、注意しましょう。

ちなみにこの荷物を減らす作業は、引越しの見積もりに来てもらう前までにやっておきましょう。
実際に減らさなくても良いので、「これとこれは引越し先には持っていかない」ということを明確にしておけば、外した見積もりを作ってもらうことができます。

また、見積もり時に処分を迷っている場合は、処分した場合と持っていった場合の見積もりを出してもらっておきましょう。

引越しの時は物を処分するチャンスです。
自分の持ち物をしっかりチェックして、不要なものは処分し、すっきりして新生活を始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加